【勉強してる割に...】テスト前に差がつく+αの勉強習慣6選!

こんにちは。


栃木県下野市の学習塾、智心館塾長の谷畑です。


市内各中学校が2学期制のため、夏休み明けに期末テストのある自塾は、現在定期テスト勉強期間中です。


今日は定期テスト前に差がつく、勉強法についてお話していこうと思います。


さっそく結論からお話していきます。


①テスト範囲は常に持ち歩いておけ!(先生からのワンポイントアドバイスを見逃すな)


②練習とテストは必ず1セット。


③問題集一回目は、ただの仕分けであると心得よ。


④2回目を充実させるためにも、一回目の直しは適当にやるな。


⑤少しでも答えにたどり着けそうなら、自力で。だが、まったく分からないものは、考えても時間の無駄。


⑥質のいい質問ができるようになろう!(できる子ほど質問に来る)


以上の六つです。


順を追って説明します。


①テスト範囲は常に持ち歩いておけ!(先生からのワンポイントアドバイスを見逃すな)

まず基本的な部分です。


テストには大方、学校の先生からのワンポイントアドバイスが記載されており、範囲のどこの部分を中心に出題するかが明記されております。


それを確認せずに勉強を進めることは、相当なハンデです。


なにせ、先生からの「ここやれよ!?」という大事なメッセージを、みすみす見逃す事になるからです。