保護者面談で最も多かった悩み、「うちの子が家で勉強しない。」の話

11月から12月にかけて、多くの保護者の皆様と塾にて面談させていただきました。


ご足労頂いた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。


今回はその場にて、多くの方にご相談いただいたお悩みを、解決!とまでいかないにしても、少し心が落ち着くようなお話ができたらと思います。


今回伺った中で、最も多かった悩みは、「うちの子が家で勉強しない。」といったような悩みだったと思います。


コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、この問題がさらに顕在化した部分も大きいのではないでしょうか。


私が考えるこの問題に対しての答えは、こちらの3つ。


① どれだけやるかを本人に決めさせる。


② ハードルはビックリするくらい小さくする。


③ ご家庭で目的、目標を共有し、チームプレイで勉強する。


①番から解説します。


まず大前提として、やる内容や量は中学生の場合(小学校高学年でも)、本人に決めさせるべきだと思います。


人間には、根源的な欲求として、「自律性」があります。人は、自ら主体的に行動し、自ら選択したがるという性質です。


自律性は我々が思っている以上に、本人のやる気や幸福感と密接に関わっております。


この自律性を奪われれば(大人でもそうですが)、勉強がやらされるだけの苦行に変わってしまいます。


しかしながら、本人に自分でやることを決めさせると、こんな事態に遭遇することも考えられますね。



おい!めっちゃ簡単な課題しかやらねーじゃんかよーーー!!!


お母さんの怒る声が今にも聞こえてきそう...


「そんなんで勉強やるって言えんのかよ!!」とツッコミたくなる気持ちを抑えて、そんな子には、こんな対案があります。


イェール大学の実験で、選択の“感覚”を与えるだけで自律性の欲求が満たされ、大きな成果に結びついたという実験があります(ソースはこの本)。


つまり、勉強そのものを本人が決めなくても、


「何をやるか」「いつやるか」「どれくらいやるか」


を選択してもらえばよいということです。


自分で決めたように思わせる“演出”ではありますが、それらを本人に選んでもらうだけでも、やらされる抵抗感は一気に小さくなるはずです。


続きまして、②番目。


ハードルをビックリするくらい小さくするというテクニック。


「毎日●●時間勉強する!」と啖呵を切ったものの、3日で挫折…そんな経験された方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?


その失敗のほとんどは、実現性の低い“●●時間”に起因するもの。


自信は成功体験からしか生まれません。ハードルはビックリするくらい下げましょう。


最初は1時間でもダメです!


30分、なんなら15分でもいいくらい!(勉強を“時間”で区切ることの是非はとりあえず置いておいて)


それと、終わったら自由な時間をつくるのも大事だと思います。


「早く終わったから次の課題を増やす。」はやる気の減退を招く可能性があるので、慎重に。


あくまでもちょっとずつ、ちょっとずつ、長く走れるよう、勉強を進めていきましょう。


最後に、③番です。


受験学年は特に、ご家庭での目的、目標の共有が大事になってくるかと思います。


ご家族の協力なしに、受験を乗り切ることは非常に難しい。 


以前特に優秀だった生徒さんのお母さんとお話したときのこと。


その生徒のお母さんは、入試の問題をお子さんと一緒に自らも解いていて、そこでの気づきをアドバイスしていると仰っておりました。


さすがにそれには私自身も驚愕しました。


まぁ、そこまでしなくても、例えば、


・お子さんの勉強に興味を持つ


・日常の会話の中に(嫌がられない程度に)クイズを盛り込む


・リビングでお子さんが勉強している時間に、親も読書する習慣を作る


など、このような手本となる行動に関しては、率先してお家の方が見せることで、何かと感化される部分が、子どもながらにあると思います。


また、リビングで勉強すると、“他者目線”がありますので、スマホいじったり、だらけたりすることができないというメリットもありますね。


思春期には難しい面もあるかもしれませんが、取り入れられる範囲で、ご家族でのチームプレイをされてみてはいかがでしょう。


おすすめです。


最後に、子どもの成長を他者と比べる必要はありません。


数ヶ月前よりもだらけるようになった。


ーーーでは、一年前と比べたらどうでしょう?


●●君、▲▲ちゃんはあんなにできるのに...


ーーー本人が頑張っていても負けてしまうことはあります。


常に、過去のお子さんとの比較の中で、できるようになった部分をほめるようにしてください。


きっと、長期スパンで見れば、我が子の成長の芽がたくさんあるはずです。


それを見逃さないように。素早く伝えてください。


以上の三つで、すべての子が同じように問題解決するとは思っておりませんが、家で勉強しない問題に対する、私からのご提案とさせていただきます。

特集記事
最新記事
アーカイブ