定期テスト勉強を、受験勉強にいかすには

下野市小金井の学習塾、智心館の谷畑です。


今回は、定期テストも終わったということで、


「定期テスト勉強を、受験勉強につなげるために考えるべきこと」


という記事を書いていこうと思います。


その前に皆さん、


受験勉強する時って、もう一度中1、中2の勉強を復習しますよね?

この大前提を疑うところから始めませんか?


なぜ復習しなければならないかというと、当たり前だ。


忘れているからだ。


しかしですね。


例えば上位の受験生は、最終的に、3年間の勉強のほとんどをできるようにして、中学を卒業するわけですよね?


なぜそんな離れ業ができるのか。


もともと頭がいいからというのは、もちろんゼロではないと思いますが、


その理由、考えてみる価値はありそうじゃないですか?


その違いは、定期テストの使い方にあった!?

私から見ていて、勉強ができる子も苦手な子も、“定期テスト勉強をする”ということに変わりはありません。


最初からできる子など、間違いなく一人もおりません。


しかしながら、その使い方に、大きく差が出ます。


苦手な子は、テストそのものが一夜漬けになる確率が非常に高いです。


一夜漬けなどのの、一度にガッと行う、詰め込み学習のことを「集中練習」と言います。


この集中練習は、抜けてしまうまでが非常に早いことで知られています。


それに対して、今回お伝えしたい勉強法三つは、


  1. 記憶が長持ちするだけでなく、

  2. 様々な状況で知識を引き出し、より幅広い問題に対応できるようになる。


そんな勉強法です。


それでは参りましょう。


1.間隔練習

一つのことを勉強したら、時間を開けて勉強してみること。


脳は、思い出すタイミングで記憶を定着させています。


ですので、勉強した内容をいくらか忘れたあたりで復習するのがベスト。


復習するにも、教科書を眺めるのではなく、テストしてみることです(テスト効果の記事はこちら)。


2.交互練習

同じ問題を繰り返し解くのでなく、様々な問題を入れ違いで解く。


私がこれを実感したのは、中3のときの、自身の体験からです。


受験直前の当時、過去問を解き進めていった私は、みるみる成績が上がっていくのを実感しました。


なぜ成績が上がったのか?


私はバラバラな問題を解いていたからです。


過去問は当たり前ですが、何が出てくるのか分かりません。


方程式の問題が来たと思ったら、次に立体の問題が入ってきたりします。


対して通常のワークでは、それほどまでに脳の複雑な思考を必要としません。


なぜなら、立体の問題においては、やり方をそのとき覚えて、そのまんまやり方通りにやれば出来てしまうからです。


ですが、間隔練習でも言ったとおり、長期記憶へと持っていくためには、「やり方を思い出す」というプロセスが必ずなければなりません。


過去問を解くには、必ずそれが必要です。


だって目の前の問題は、やり方も何も書かれていない、いわばさら地のような状態なのだから。


そこから解き方のルートを導く。


これこそが、長期記憶の維持に役立つのです!


3.多様練習

交互に問題を解くだけでなく、多種多様な問題を解く。


これもまた、有益な学習方法です。


多様練習のいいところは、問題を判別する力がつくということです。


同じ問題を解き続け、終わったら次の単元に進んでいく、集中練習においては、


そもそも頭のどこから知識を引っ張ってくるべきなのか?


その力が養われません。


なので、問題の出方が変わったら解けない応用に弱い、そのような勉強になってしまうのです。


また、多様な練習をすることで、より学んだことのつながりが見えてきます。



「これはアレと同じだな。」


とか、



「要するに○○でしょ。」


のように、その分野にとどまらない、広い視野を手にすることができるのです。


もう、こういった思考ができてしまったら、知識の吸収力は何十倍にもなると思っています。


長年、様々な生徒を見てきて、間違いなく言えます。


できる生徒が必ずやっているのは、ある特定の勉強法ではなくて、このような思考法ですので。


まとめ

定期テスト勉強を受験勉強にいかすためには、


・間隔を開けて、忘れたら思い返す時間を作ること。


交互に様々な問題を解いてみること。


この二つだと思います。


そして、学校で授業を受けたり、学校ワークを解いたりしている時にも、


「これはどういったことを勉強していて、今までに学んだ部分のどこかとつながりはないか。」


そのようなことを考えながら、勉強していくクセをつけることが、


手っ取り早く勉強ができるようになるコツです。


特集記事