定期テスト勉強を、受験勉強にいかすには

下野市小金井の学習塾、智心館の谷畑です。


今回は、定期テストも終わったということで、


「定期テスト勉強を、受験勉強につなげるために考えるべきこと」


という記事を書いていこうと思います。


その前に皆さん、


受験勉強する時って、もう一度中1、中2の勉強を復習しますよね?

この大前提を疑うところから始めませんか?


なぜ復習しなければならないかというと、当たり前だ。


忘れているからだ。


しかしですね。


例えば上位の受験生は、最終的に、3年間の勉強のほとんどをできるようにして、中学を卒業するわけですよね?


なぜそんな離れ業ができるのか。


もともと頭がいいからというのは、もちろんゼロではないと思いますが、


その理由、考えてみる価値はありそうじゃないですか?


その違いは、定期テストの使い方にあった!?

私から見ていて、勉強ができる子も苦手な子も、“定期テスト勉強をする”ということに変わりはありません。


最初からできる子など、間違いなく一人もおりません。


しかしながら、その使い方に、大きく差が出ます。


苦手な子は、テストそのものが一夜漬けになる確率が非常に高いです。


一夜漬けなどのの、一度にガッと行う、詰め込み学習のことを「集中練習」と言います。