新入塾の生徒に必ず伝える、勉強のやり方3選!

GW前までたくさん来ていた、問い合わせラッシュも、ここにきて落ち着きました。


個人的観測ではございますが、今年は、例年に比べて、“勉強のやり方が分からない”というご相談が多かったように思います。


たまたまなのか、さては昨年からのコロナ禍がもたらしたものなのか。


私には分かりませんが、確実な事実は、そのような悩みを持たれている方が少なくないということですな。


本日は、そんな新入塾の生徒に必ず伝える、勉強の基本の話。


先に結論から述べさせていただきます。


  1. ノートは大きく使う

  2. 途中計算は必ず残す

  3. 問題を解くと、調べるは混ぜるな危険


今日話すのは、この三つになります。


まず一つ目の


ノートは大きく使う

ノートは自身の思考の映し鏡です。


改行もなく、ビッチリ詰め込まれたノートでは、間違えたときに間違えた箇所を見つけることができません。


「勉強とは何か?」と聞かれたら、一言で言うと、



間違いをできるようにすること


ですよね?


机に向かうことでも、宿題を終わらせることでもないはずです。


ですが、多くの生徒が、間違えた問題の答えを赤で書き写して“間違いを直した”と勘違いしています。


間違いが発生したとき最初にやるべきは、間違えた理由を探ることです。