習ったことをすぐ覚えられる子、そうでない子

いわゆる、勉強が得意な子と、苦手な子を分ける、境界線は何なんだろう。

この仕事をやっていると、どうしてもその問題と対峙せざるを得ない。

「量」というのは一つの分かりやすい指標だろう。

「あいつはシンプルに量が足りてないからできない。」

そんな場合も、多くある。


「質」という指標はどうだろう?


なんだか漠然としていて、定量的に捉える事ができない。


つきつめていくと、“才能”みたいな、とりとめのない話に帰着してしまいそうだ。


確かに勉強できるヤツはスマした顔で、そんな勉強してないけど勉強できる風情を醸し出してくる。

「あいつは簡単に覚えられていいよなぁ。。。」


「天才と凡人は違うんだよ。。。」

嗚呼、自己肯定感が著しく減衰...


いや、ちょっと待って!

そこで思考停止しちゃっていいのか?


勉強は、すべてが生まれ持ったもので決まってしまうものなのか?


考えてみると、そういえば、、、

勉強が得意な子は、インプットの仕方が上手だなと思う。

新しいことを覚える際、必ず自分の頭の中で言われていることを噛み砕き、


自分の経験や過去の記憶と紐付けして覚える。


頭の中がクリアで、知識の根っこが深い。