習ったことをすぐ覚えられる子、そうでない子

いわゆる、勉強が得意な子と、苦手な子を分ける、境界線は何なんだろう。

この仕事をやっていると、どうしてもその問題と対峙せざるを得ない。

「量」というのは一つの分かりやすい指標だろう。

「あいつはシンプルに量が足りてないからできない。」

そんな場合も、多くある。


「質」という指標はどうだろう?


なんだか漠然としていて、定量的に捉える事ができない。


つきつめていくと、“才能”みたいな、とりとめのない話に帰着してしまいそうだ。


確かに勉強できるヤツはスマした顔で、そんな勉強してないけど勉強できる風情を醸し出してくる。

「あいつは簡単に覚えられていいよなぁ。。。」


「天才と凡人は違うんだよ。。。」

嗚呼、自己肯定感が著しく減衰...


いや、ちょっと待って!

そこで思考停止しちゃっていいのか?


勉強は、すべてが生まれ持ったもので決まってしまうものなのか?


考えてみると、そういえば、、、

勉強が得意な子は、インプットの仕方が上手だなと思う。

新しいことを覚える際、必ず自分の頭の中で言われていることを噛み砕き、


自分の経験や過去の記憶と紐付けして覚える。


頭の中がクリアで、知識の根っこが深い。

木で例えると分かりやすい。

すぐ覚えられる子の脳内は、幹がずっしりしており、そこから知識や思考が枝分かれしていく。


多くの子が苦手にしやすい、英語の活用も、インプットの仕方で、覚えられる量がべらぼうに違ってくる分野だ。



「主語が3人称単数現在形の時は、動詞にS、またはesをつけ、疑問文はDoesを前に、否定文ではdoes notを使います!」


ってやつ。


これに過去形現在進行形なんかが入ってくる中1の今の時期は、特に苦手が量産されやすい時期だ。


なぜ難しいか。


なんでもかんでも“覚えよう”としてしまうからだ。

できる子は、覚えられる量が有限であることを知っている。


なので、青天井に暗記量を増やそうとはしない。


今回の活用に関しても、基本の英文である、中1の最初にやった、一般動詞の現在形をとし、それぞれの活用へと枝葉を伸ばしていく。




Do you like tennis?→→→Does he like tennis?



「形一緒やんけ!」と。


なんでもかんでも覚えようとする子の脳内

なんでもかんでも覚えようとする子の脳内は、言ってみれば、枝が無尽蔵に積み上げられている状態だ。

枝が、一本一本分かれに分かれていて、この枝、どの木から取れたんだっけ?という状態になっていたら、とてもじゃないけど全部を覚えきるのは不可能だ。


新しい知識を覚えた直後に、また新しい知識が降ってくるから、記憶の干渉が起きる。

日頃から幹から枝葉へと覚えていく子は、授業で思考の整理と紐付けがされていて、あとはテスト前に実際の問題に触れてみればいいだけなので、暗記の絶対量が少ない。


ボクが生徒によく、「知識をフォルダ分けして、整理整頓するように覚えよう!」というのは、この暗記量を減らしたいがためのアドバイスだ。


これは“能力”ではなく、“習慣”

最初の問いに戻ろう。


「勉強が得意な子と、苦手な子を分ける、境界線は何なんだろう。」


今のボクは、


「能力値は確かに存在するかもしれない。しかし、それよりも大きいのは、何年にも渡って築き上げてきた、あなた自身の物事の捉え方、理解の方法に、大きく依存するのではないか。」


と仮説を立てている。


なんだって!?


「今さらそんなこと言われたって、なんの解決にもならないじゃないか!」だって?


「もっと実践的なことを教えろよ?」ふむふむ...

じゃあ、せめてそうなれるような努力をしよう。

例えば、

「どうしてこうなるの?」

っていう意識でもって、学校の先生の話を聞く。

「前やったこれと一緒じゃね?」


自分の中の経験や、知っていることと関連付ける。

そんなちょっとの意識で、少しずつ君はできる側の生徒へと近づいていく。

枝の知識だけ手に入れるんじゃなくて、知識と知識をつなぎ合わせて、森を手に入れよう。

特集記事
最新記事
アーカイブ