テスト期間はこんなカンジ

テスト期間の日常を改めてご紹介させていただきます。

テスト期間は原則、全中学生に毎日来てもらっているというのは以前のブログに書きました。

通常授業は100マス計算からスタートするのですが、テスト期間中は学校ワークに専念するため、お休みしています。

というわけでまず最初に小テスト。テスト範囲の内容を順を追って出題しております。

先々週あたりは「まだ学校でやっていない!」みたいな話が結構あったんですが、先週でかなり進んだらしく、急ピッチで試験範囲の全てのテストが終わるようにやっています。

テストが終わり次第、個人個人今週までにやることのリストを書いているので、それを終わらせに勉強を開始します。

ここからは休憩までノンストップです。休憩後は引き続きワークをどんどん進めていく生徒、小テストが再試になりもう一回勉強しなおしてもらう生徒に分かれます。

通常授業であれば再試は授業のない日に塾に来てやってもらうのですが、上記の通り、“授業のない日”がないので、授業の中でやってもらっています。

皆がワークを進めている間、私は全生徒に目を配りながら、質問等が出たら対応したり、気になる勉強をしている生徒に声かけを行ったりしています。

全生徒分の小テスト採点があるのですが、私以外のスタッフがほぼ毎日おりますので、採点を半分に分け、その分生徒たちの学習状況を把握するのに回っております。

今年度も始まったばかりですので、まだテスト勉強の仕方が固まっていない生徒がいます。例をあげれば、ノートのまとめを行った後にどれだけ覚えているかテストしてないだとか、英単語の読みが分からないまま、むやみやたらに書いているだとか。