戦う小学生

今日は智心館の小学生授業についてお話していこうと思います。

そもそも智心館では、小学5年生から小学6年生までの2学年しか小学生の授業を行っておりません。

それは小5までは塾に来て勉強する必要はない!と考えているわけではありません。

様々な研究の中から、教育は早ければ早いほど効果が大きいという話が出ております。

少し前に有名になった著作、“「学力」の経済学”などは、まさにその話をデータ化して裏付けておりました。

ではなぜ高学年からなのかというと、今の自分の心境としては(“今の”としたのは、以前はもう少し別な理由があったのです)、最も塾が必要となる時期が小5なのかなと。

これは地域性もあるかとは思うんですが、小金井地区は、塾は中学生からみたいな方が多いと思います(個人的な観測ではありますが)。

ですが、中学に入ったときに、勉強に関して「悪い癖」がついていたり、そもそも勉強する習慣がついていなかったら、中学生から挽回するのはなかなか大変です。

まぁ、今の時期の中1ならまだしも、中2、ましてや中3なんて言ったら、時すでに遅しの場合が多々あります。

また、小5、小6は算数で言えば割合や速さなど、中学になってからもお世話になる難しい概念がたくさん出てきます。

そうすると、なかなかご家庭で対処するのが難しくなってくるのがこの時期なのかなと思うんですね。

そのような際には、私の出番かなと!(控えめに)