あえて弱点の面から自立学習を考えてみる

天気のよろしくない、GW初日ですねー!

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

塾は来週月曜日までありますので、塾生のみなさんは忘れないでくださいね!

さて何回か前のブログで自立という学習形態について書きました。

今回は“あえて”自立に弱点があるとしたらどんなところだろう。ということを書いていこうと思います。

まず、

一から十まで教えることは出来ない。

これはどういうことかというと、例えば、学校の授業の予習を塾でやることは出来ないということですね。

まぁ、元々能力のある子であれば出来るかもしれませんが、予習に関してはそりゃもちろん、自分で進めていき、分からないところを聞くというのは相当難しいことを生徒に要求してしまいますからね。

うちの塾は基本的に学校の授業を定着させる場、これまでの苦手を克服する場として、機能できるように力を使っております。