中3生の募集は終了とさせていただきます

May 8, 2019

中3生が過去新記録で定員を迎えました。

 

以後中3生の募集は退塾などがない限り、致しません。

 

 

 

 

智心館は小さな個人塾です。

 

自虐的に聞こえるかもしれませんが、逆に言うと塾の一番の売りが“その小ささ”でもあります。

 

一つの教室で、塾長が全員を指導できるようにしています。

 

※私以外に講師はいるものの、授業そのものをお願いしているのではなく、あくまでも私のお手伝いをしてもらっている感じです。

 

ですから、たくさんの生徒を同時に見ることが出来ません。どうしても人数による制限を設けなくてはいけません。

 

 

 

 

 

また、別の観点から言うと、各学年のバラつきは塾を運営していく上で、ものすごく不安定です。高校生を受け付けていない自塾は、中3生が卒業と同時に全員いなくなります。

 

それは仕方のないことなのですが、中3を無尽蔵に抱え込みすぎた結果、その下の学年が手薄になってしまうようでは、塾を継続して運営していくのが難しくなってしまうのです。

 

特に私は目の前の事が忙しくなると、先のことが考えられなくなるタチなので(笑)、何人でもウェルカムなんてしたら、次の年泣きを見るのが目に見えています。

 

ですから、バランスよく募集を行いたい。完全にバランスよくなんてのは無理なんですけどね。

 

 

 

私は智心館をとても大事にしているので、安定した塾経営がしたい。そして、これは自己利益の面だけでなくて、巡りめぐって生徒や保護者の皆様に還元できることだと思っています。

 

諸行無常の世の中、通っていた塾が急になくなる。これは当たり前にある話です。先日も隣町ですが、塾が一つなくなっているのを目にしました(もちろん塾それぞれ様々事情があると思うので、経営不振とは限りませんが)。

 

明日は我が身、まだ3年目の若造塾です。地域でずっと愛される塾を作っていくために日々努力しているわけでありますので、こういった定員制を採用させていただいております。

 

 

 

 

つまり何がいいたいかというと、

 

「学年が早いうちから来てください。」ということです!

 

 

 

........この流れで言うとすごく営業くさくなってしまいますね。。。汗

 

勉強のやり方から教える事ができるので、長期間見られるのは本心から願っていることなのですが、タイミングを間違えました(笑)

 

 

 

以上、定員制を採用している理由でした。

Please reload

特集記事

模試の復習はガチで戦った熱が冷めないうちに

November 11, 2019

1/3
Please reload

最新記事

November 1, 2019

October 1, 2019

September 22, 2019

Please reload

アーカイブ