top of page

うちの塾に来て伸びる生徒

うちの塾はガチで勉強やるやつが一番上がるのである。

.............

...おっと個人ブログの文体を引きずってしまいました。

色々な顔を使い分けるってのは大変なことですね。

今日のテーマは「うちの塾に来て伸びる生徒」

誰にでも門戸の開かれた塾でありたいとは思うものの、全員上げることの難しさをいつも思う日々。

智心館の歴史はまさにそれと戦う歴史と言っても過言ではない。

では、実際にどんな生徒が上がっているかというと、やはり“授業中ガチである”ということに尽きると思うのです。

だって授業中すら勉強に没頭できない人が家で、ましてや自分の部屋で勉強できるわけないじゃないですか。

だから私は宿題もテスト直ししか出しません。

次回もう一度再テストをするので100点になるまでやってきてくださいと。

プリント10何枚を宿題に出している塾があるらしいんですが、「それ大丈夫?作業になってない?」とめっちゃ思います。

家で勉強できればそんな最高なことはないのですが、そこ頼みの塾ではいけないと個人的には考えております。

だから上がる子は、

①授業に没頭しています。

②テスト直しをきちんとやってきます。

まず大前提2つ。塾がない日は家でちょびっとテスト直しの勉強やって、学校の宿題やって、あとはゲームでも何でも好きなことやってくださいな。

その上で、