失敗には寛容で

失敗の多い人生でした。(太宰感)

誰だって失敗はしたくないけれど、失敗からしか学べないのもまた人間です。 語弊がありますが、生徒にはいっぱい失敗してほしいと思ってるんです。 例えば普段の小テスト1つとっても、あちゃーやっちまった!なんてことあるでしょう。

まったく勉強してなかった!計算ミスった!勘違いして理解していた!

失敗には、枚挙に暇がありません。

でもね、やはりそこからどう動くかというのが、何より重要で。

直しの解説聞いたら何事もなかったかのようにテストをしまうやつ、もう一回見直してみるやつ、どっちが次同じ失敗を繰り返さないかと言ったら、やはり言わずもがなで。 前者の生徒はやっぱり同じことを何回もやりおるんですわ。

だから私も最初の失敗に関してはあまりとやかく言いません(程度にもよるけど)。

でもね、2回目、ましてや3回目になればもうそれは小テストのための勉強。

つまり、テスト勉強における自身の理解度の確認という、本来のテストの意味から大きく逸脱しているのです。

「別にいいや。」「仕方ないや。」の姿勢は最も成長を阻害すると思っています。

これらの言葉は、塾に来る意味を自分自身から奪う言葉ですからね。