塾の先生は最長5年間も子どもたちに関わる大人であること

小学生クラスで事件が起きました。

智心館では、小学生のモチベーションアップや、学力の把握もかねて、年3回ほど業者模試を受けてもらっているのですが、そこで、

ある生徒の数が猛烈に上がってきたのです。

これが一過性のものでないとしたならば、なぜこのようなことが起こったのかを早期に突き詰めて、書き残しておかねばと、パソコンの前に立った次第であります。

まず第一に、模試対策しました。

ち、ち、違うんです!違うんです!!

もちろん対策っていっても、出そうなところをやった!みたいなことではなくて。

夏休み期間中を使って、もう一度復習を行ったわけですよ。5年間の。

通常小学生授業は、学校に追いつかないくらいの微妙な距離を保ちつつ、復習ベースで進めているのですが(進みの早い子には予習をやってもらっています)、今回は夏休み前時点で生徒が学校の進度をやりきっていたので、夏休み期間中に復習を行いました。

もちろんそれが功を奏した部分はあったかもしれませんが、それだけではないはずです(きっと)!

小学生指導の話をさせてください!

小学生は中学生よりさらに門戸の狭い少人数指導を行っています。

それで満員にならないってどういうことじゃぁ~~!!!