努力は簡単に嘘をつく~自習を考える

コロナウイルス騒動から早いもので3週間。

学校がお休みになってからは、期間中毎日塾を開け、自習の生徒に開放しております。

自塾に限らず、多くの学生がこの期間、場所は問わずとも、自習という状態になっているのではないでしょうか。

そこで皆さま、「自習」とは何でしょう?

ここいらでもう一度考えてみませんか。

自習とは

いわゆる学校における自習というのは、フリースタイル、何やるにも自由という場合がほとんどだと思います。


他人に迷惑をかけなければ叱られることはありませんね。

基本何をやるにも自由なので、学校ではなかなか自習のやり方を教えられません

しかし、概して我々の成績に直結するのは自習時間の使い方だと思っています。

なぜなら宿題とかでない限り、学校外における勉強というものは、基本が自習だからです。

中学生以上になれば、ほとんどの勉強時間を自習で費やすことになります。

であれば、このやり方次第で、いい方にも、悪い方にも進んでいくことは明白です。

私は勉強の仕方を普段の授業から言い続けておりますし、塾に来る以上、それと同様の勉強を自習中も望んでおりますので、


とりあえず来て、誰かへのポーズ(ほぼ親ですが)のような勉強をされるのであれば、たとえ静かにしてようが私は注意します。

例えば、眠くなっている(スタンディング席でやるか、休憩中寝るか、それでも眠いなら帰って寝てください)、

特定の科目ばかりやっている(自分の苦手に目をそむけ続ける勉強は楽でいいですが、やらないのに“出来ない”と言うのはやめましょう)、

出来ないのを出来るようにせず、そのまま先に進む(上に同じ)

自習をする際に気をつけるべきこと