【実はあります...】9月から下野模試の点数を100点上げる方法

こんにちは。


下野市小金井の学習塾、智心館塾長谷畑(やばた)です。


本日は、皆さんの近々の課題であろう、下野模試の勉強法についてお話していこうと思います。


これから話す内容は、理想論などでなく、毎年うちの塾で実践している内容でございます。


200点から300点、250点から350点、300点から400点、マックス値だと250点から400点まで成績が上がった子もいます。


ただ、全員ではありません。その辺のNG例も含めて、包み隠さずお話していこうと思います。


まずは結論から申し上げます。

9月からやるべきことは、以下の2つです。


①基礎固め


②問題慣れ


まずはこれら2つに関してご説明していきます。


①基礎を固める

基礎を固めるとは、問題の全体像を把握することです。


模試においては、大体の問題で、解き方が浮かんでくる状態と捉えてください。


もう少し具体的に言うと、例えば数学では、大問1から4までが7割以上取れていれば、“基礎は固まった”と捉えていいと思います。


英語で言えば、文法問題の大問2は間違ったとしても1問だけ


その上で、長文なども、精度は低くても和訳ができていれば、同様に基礎が固まっているといっていいでしょう。


理社も同様に、模試を解いている時、「実験が何の話をしているのか」「歴史や地理のワードが、それぞれいつの時代、どこの話か分かる」というのが基礎固めをする上での目指すべきゴールだと思います。


まだあやふやな場所がある中学生は、まずそこをやってください。


立体の体積が苦手ならそこを。電気が苦手なら、もう一度オームの法則から。●●時代が苦手なら、人物のつながりなどを意識してもう一度。


やる問題集は、何でもいいです。


整理と対策、塾ワーク、自分が普段使っている参考書、何でもいいですからすぐやってください。


NG例

以下はほとんど意味がないと思ってください。


・新しい教材を買いに行く。


「今まで上位進学校向けの教材を、背伸びしてやってた(だとしたらツッコミどころ満載)!」とかでもない限り、大体の教材はあなたのレベルに合っています。


塾通っている人で、参考書に悩むのであれば、深く考えず塾ワークをやってください。


大体の塾講師は、皆さんのレベルに合った教材を渡しているはずですから(と思いたい)。


・英単語ばかり、漢字ばかり、一問一答ばかり


これも成果に結びつく可能性が、限りなく低いと思ってください。


なぜか。


実際のテストを考えてみましょう。


単語1個分かったら問題解けますか?


漢字1個書けたとして何点分ですか?


実際のテストで一問一答の割合はそんな高いですか?


一問一答は、今の県立入試や下野模試で言うと、すべて答えられたとして、2,30点が限界です。


その点数で合格できる志望校であれば、そのアドバイスは有効でしょう。


ですが、それ以上の点数を目標にするのであれば、もう少し本質的な理解が必要です。


それは問題を解かないと得られないことなのです。


前述の英単語や漢字、一問一答に関しては、スキマ時間にやるのがおススメです。


寝る前、空き時間、朝の自習。


そのような時間を有効に使うために、それらの勉強をしてください。


②問題慣れ

基礎が固まったら次は実践問題です。


県立入試の過去問や、下野模試の過去問、今まで自分が受けた実力テスト、下野模試などを思う存分使い倒してください。


成績が上がったどの生徒を見ても、最も成績が上がるのは、この実践問題を解いている期間です。


実は、基礎を固め続けていても点数には反映されません


それは例えるなら、部活において、基礎練習だけやったはいいが、練習試合をしないで大会に臨むようなものだからです。


つまり、どれだけ基礎を積み重ねていても、実際の問題としての出方が分からなければ、


「やったことは分かるけど、取れない。」


となってしまうのです。


多くこの時期に、「あとで振り返れば分かった(けど本番ではできない)」となるのは、そのような理由から。


分かると出来るには、その2つを隔てる、高い壁が存在するのです。


NG例

分かるから出来るの壁を乗り越えるためにやるべきことは、実践と復習です。


解いたら丸つけ

間違ったところを理解する

理解できなければ先生や友達に聞く

しばらくしたらもう一度やってみる。


このうちのどれかでも欠けると、NG勉強法になってしまいます。


・解いたのに丸つけしない、もしくは間違っているのに(まぁ、いいかと)丸にしてしまう。


・間違ったのに理解を放棄して次に行く(そんなんやってると、また同じミスするよ!)。


・その場で出来たら終わりにする。


当たり前のことを述べたように思うかもしれませんが、その当たり前が確実にできることこそ、できる子の証左です。


模試を解くと、必ず出来ない問題にぶち当たります。


そりゃ、偏差値70超えから3,40の受験生まで全員が、同じ問題を解くのですから、全員に易しい問題なわけがありません。


できないに当たった時、どう動くかが、あなたの成績アップに深く関係すると肝に銘じてください。


まとめ

9月から下野模試の点数を100点上げたい、そこのあなたがやるべきことは、以下の2つです。


①基礎固め


②問題慣れ


最低でも、11月からは②問題慣れに入っていきたいので、絶賛基礎固め中の皆さんは、お尻があることを認識しながら問題を解き進めてください。


もし11月に終わらなければ、過去問などと並行して基礎固めするしかありません。


私立入試も1月に入ってくるわけで、正直11月以降にそれをずらすことは、かなり危険です。


基礎固めが終わった子は、実際の問題を多く解きましょう。


そして、その中で出てきた課題に関して、やっぱり基礎に不安があると感じた場合には、臆することなく基礎に立ち返りましょう


やってた結果、分からないところが見えてくるのは、むしろ当たり前です。


部活だって、練習試合で出た課題は、次の練習に活かしますよね?


それと同じことだと思うのです!






最後までご一読いただき、誠にありがとうございました。


学習塾智心館では、以上のことを高い次元で実践し、数多くの受験生の成績アップを見てきました。


ですが、ここまで読んでくださった皆さんであればご承知の通り、この成績向上には、何よりも、本人の継続された努力が必要不可欠です。


ですので、私はどんな媒体(ホームページ,YouTube,Twitter,Instagram)であれ、点数を上げさせたという表現はしないようにしております。


あなた自身の、今の学力にあった、正しい方向性による努力が、間違いなく下野模試、あるいは受験に向けた学力を向上させます。


あなたの未来を楽しみにしています。