【実はあります...】9月から下野模試の点数を100点上げる方法

こんにちは。


下野市小金井の学習塾、智心館塾長谷畑(やばた)です。


本日は、皆さんの近々の課題であろう、下野模試の勉強法についてお話していこうと思います。


これから話す内容は、理想論などでなく、毎年うちの塾で実践している内容でございます。


200点から300点、250点から350点、300点から400点、マックス値だと250点から400点まで成績が上がった子もいます。


ただ、全員ではありません。その辺のNG例も含めて、包み隠さずお話していこうと思います。


まずは結論から申し上げます。

9月からやるべきことは、以下の2つです。


①基礎固め


②問題慣れ


まずはこれら2つに関してご説明していきます。


①基礎を固める

基礎を固めるとは、問題の全体像を把握することです。


模試においては、大体の問題で、解き方が浮かんでくる状態と捉えてください。


もう少し具体的に言うと、例えば数学では、大問1から4までが7割以上取れていれば、“基礎は固まった”と捉えていいと思います。


英語で言えば、文法問題の大問2は間違ったとしても1問だけ


その上で、長文なども、精度は低くても和訳ができていれば、同様に基礎が固まっているといっていいでしょう。


理社も同様に、模試を解いている時、「実験が何の話をしているのか」「歴史や地理のワードが、それぞれいつの時代、どこの話か分かる」というのが基礎固めをする上での目指すべきゴールだと思います。