下野模試が終わったら、やることは2つ!

昨日は新中3、1回目の下野模試でした。


模試終わりに塾生に言ったことを、ここに書き記しておこうと思います。


どうせ減るもんじゃないですし、言っちゃ悪いですけど、言われたところで大半の人がやらないことなので。


まず言ったのは、


栃木県入試の勉強において、必ず点数が上がる教材があります。


それは、


過去問と下野模試です。

ということ。


なぜなら栃木県入試、もちろん毎年のマイナーチェンジはあります。


しかしながら、問われることの大枠は10年以上変わってないからです。


良かったら数年分でも過去問を見てみてください。言わんとしている事が分かると思うから。


なので、過去問と模試を使い倒す事が、間違いなく成績アップにつながります。


しかーし、

今から、いきなり過去問やれ!は酷ですよね。


だって、習っていない単元もあるし、そもそも受験生が受験勉強の集大成として解いているもの。


そらムズいの当たり前。


いきなり突っ込めば、やる気もなくします。











だからまず新中3生には、


①今日中に、模試の自己採点をしてください。

そして、


②今週中に、模試の解き直しをしてください。

と言いました。


それもすべての問題を解き直すのではなく、まずは自分が取れたはずのところ。


必ずもう一度答えが出るまで計算しなさい。


抜けてるワードがあるなら、もう一度頭に入れなさい。


そう言いました。


そして、これらのことは、毎年中3生に言っていることでもあります。


しかーし、

残念ながら10人中3がいたら、1人か2人しかやりません。










なんで分かるかって?


下野模試と同じ問題をこれから塾のテストにするからです。


もちろんどれ出すとか言わずに。


必ず100%というわけにはいきませんが、あまりにも間違いが多い場合には、


「あれ?テスト直しやったん?」


となるわけですよ。


案の定「やってませんでした..」みたいになるわけ。


性格悪くて申し訳ございません。

だけどね、中学生教えるならこれくらい性悪説でいかないとアカンノデスヨ。


言われたところで、大半の人がやらないからと前述したのは、そういう理由。


楽しく教えてれば、みんなハッピー!


とはいかないわけです。







10人いたら実行するのは、1人か2人と言いました。


じゃあ、最初からそのやるであろう2人にいうべきなのか?


私はそうは思いません。


まず、“であろう”とはいえ、誰が最終的にやる子になるかは、何年やっても分かりません。


そして、結果的に、やるのは2人かもしれません。


でも、


10人全員に言うことに意味がある。

そう思っています。


そもそも大人だって同じですからね。人間の行動原理は。


ましてや子どもたちです。いずれ気づく事だってあるかもしれません。












自己採点を今日、直しを今週としたのは、温情でもあります。


もちろん即日直しをしてほしい気持ちは山々ですが、今の時期の新中3は、直しもたくさんあることでしょう。


たぶん普通にやったら、試験時間と同じくらい直しの時間ができるはずです。


だから分割してもいいよと。


そういう意味での猶予。








最後に、


模試の受けっぱなしは、ただ知識を吐き出しているだけです。


食べ物もおんなじだ。


うまみというのは、吸収しているときこそあるのだ。


そうだろう?


つまりだな、吐き出しているだけってのは、食べ物でいうと、、、












やめておきます(笑)
















模試のうまみは、模試後にこそあり!


がんばれ!受験生!!








【毎年ある塾での1コマ】


高校に入るために今、点数が足りません!