“常識”という当たり前の大切さ。中学校における理科、社会は基本的に小学校の上塗り。

塾講師として、できるだけ使いたくない言葉があります。


「常識」という言葉です。

なぜならそれは、生徒を突き放す言葉だからです。


常識という言葉は大変便利な言葉であり、また、それ故に無思考な言葉です。


ある意味で中学生は、社会に出て行く上での“常識”を学んでいるわけで、


できないことが、“非”常識なら、中学生の勉強する、すべてのことがその一言で言いくるめられてしまいます。


その常識を教えるのが、私たち塾講師の役目であり、日頃から、間違いを許容する空気を醸成するためにも、


そのような、生徒を突き放す言葉は極力避けたいというのが本音です。


じゃあ、自分は使わないかというと、そうでもなく(笑)



「それは最低限知っておいてくれよぉぉぉぉ」


という出来事が、日に何度もある塾の先生ですので、我慢できなくなってしまった時にはどうしても使ってしまいます。


ごめんなさい!!!

どんなときも聖人君子でいられるほど、俺はできた人間じゃないんだ!!


たぶん俺がこの言葉を使わなきゃいけない時は、本当に知らないとヤバい時だから、そこんとこヨロシク!!!